スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胆石・胆嚢摘出手術 その4 〔診断・専門医紹介〕

CT画像を持って、前の病院に戻ってきました。

今回も違う医者です。
医者がコロコロ変わるのはどうかと思う人もいるでしょうが、
毎回違う先生の考えを聞けるのも案外良いかもと思うようになりました。
今回はちょうどこの病院の院長の診察時間。
タイミング良かったかな?
この先生も良かったですよ。今までの3人に比べたらベテランっぽい感じ。
口も達者で(笑)いろいろ話してくれました。

画像を見て〔胆石〕でほぼ確定。
あとは専門医に診てもらってください、と。
かなり大きな石が見れるので、たぶん胆嚢摘出手術になるでしょう、と。
放っておいたら胆嚢が破れたりして大変なことになったかも、
これは相当痛かったでしょう、と言われなんか安心しました。。。
凄く痛かったので、診察時にそれを訴えたつもりだったけど、
私の言い方が足りなかったのでしょうかねぇ?と聞いたら・・・
カルテを見ると、最初から痛みを訴えているのは伝わるのでそんなことはない、
と断言してもらいました。
ってことは・・・やっぱり・・・最初の女医、ヤブだなwww

いろいろ恨みますがおかげで受診した4人中3人の先生は
信頼できそうなので、次何かあったときは担当医を確認して行くことにします。
あと、一人目の医者に軽くあしらわれても、自分でちがう、何かちがう、
と思ったら別の医者にすぐ診てもらおうと考えるようになるでしょう。。。

-----

そこの病院で専門医を紹介してもらい、
受診後すぐ電話で新しい病院を予約しました。
なんと、翌日の午前中です。
バタバタと続きます

胆嚢摘出については↓で。

先生に「胆石があるから胆嚢摘出になるでしょう」と言われ
胆石で胆嚢摘出するの?と???マークになりましたが
聞いたら今はそれが普通だということ。
帰宅後ネットで調べたらやはりそうでした。
私の中で胆石のイメージは ①胆石を薬で溶かす②外からナントカ波で砕く、
でしたが今は胆石症になったら胆嚢摘出が一般的らしい。
①②の方法では全部なくなるわけではない、
一度胆石ができた人は体質的に再発しやすい、
胆石があると胆嚢癌が見つけづらくなることもある、
胆石ができて発作を起こしたような人は、そもそも胆嚢がもう
ほとんど機能していないから、上記の不安を残すより
全摘したほうが治癒する、ということらしいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。