FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胆石・胆嚢摘出手術 その7 〔術前検査1〕

さて・・・胆嚢摘出手術を控え、いくつか術前検査を行いました。
診察の翌日に行った検査が以下の通り。

血液検査・尿検査・エックス線撮影・心電図・呼吸機能・内視鏡(胃カメラ)

内視鏡以外は時間予約をしていないので自分でまわります。
血液検査が朝一番に開始されるということなので受付前に行ってみました。
病院の受付開始15分程前で整理番号が既に30番台。
皆さん、早くいらっしゃるのね
受付を済ませ、↑の順に行いました。
各検査、ほとんど待たずにできてストレスがなかったな。

血液検査はこの1週間で3回目、
点滴も打ったので右腕の肘の内側が傷だらけ
まぁ手術となったらもっと針の穴だらけになるのでしょうが・・・

尿検査はちょっとヤバかったです
内視鏡をやるから朝から水分断ち。
家を出る前にトイレに行ったので膀胱はほぼ空っぽ。
全然出ないコップに1~2cm程度?
検査技師さんにそのこと伝えて、もし足りない場合は再検査と告げられました。
(その後何も言われなかったからOKだったみたい)

エックス線撮影問題なし。

心電図も寝てるだけなのであっという間に終了。

呼吸機能・・・実は苦手。
前の人間ドックでももっとガンバレと言われてしまいました。
今回もね
心肺機能が低下しているようでちょっと心配です。
歩くことはしているけど、いわゆるスポーツ、有酸素運動をやっていないから?
花粉アレルギーになってから常に息を吸い込むと咳き込むような感じもあるし。
それとも他に原因があるのでしょうか???
今の症状が落ち着いたらいろいろ調べて対策を練ろうと思っています。
ちなみに、学生時代は肺活量4000近くあったという
水泳やっていたからね。
(関係ないけど、若い頃は握力と背筋力もぶっちぎりで高かったw)

最後が内視鏡(胃カメラ)。
最初の病院で予約していたのは鼻からの内視鏡。(検査は行わず)
今度の病院は口からのみ。
鼻からのはないのか聞いたら、鼻からだと細すぎて治療を行う際に適さない、
というようなことを言ってました。
鎮痛剤を打つか打たないか選べるのですが、
私の場合耳鼻科で喉の奥を診るときにいつもオエッとなってしまうと言ったら、
若いから咽頭反射が強いんですね。では鎮痛剤を打ちましょう、と。
そして待合室で・・・終わった人がけっこう平気そうな顔で出てきて
(涙出ちゃったよ~とは言ってたけど笑いながら言ってた程度)
そんなに大変そうじゃないな、と思ったのですが。。。

最初に喉にゼリー状の麻酔薬を流し込み、
何分間かそのまま溜めておくように言われます。
これ、不味い 唾飲み込みたいのに飲めない、辛い。。。
お許しが出てこの薬をゴクンと飲んだけど口から喉にかけて麻痺感。
タイミングは忘れたけど二度口の中に麻酔スプレーかけられました。
口が麻痺しているので唾を呑み込めずティッシュに出すように言われます。
そしてやっと検査室へ。
口が麻痺しているので挨拶もろくにできずベッドに横たわると
鎮痛剤を打たれました。(どこにどう打たれたか記憶なし)
声は聞こえるけど、ボーッとする感じ。(不安を感じる状態ではない)
口にマウスピースのようなものを咥え、胃カメラが・・・
よく覚えてないのだけど、何回かオエッ、オエッ、ウゲッ、となりました。
朦朧としているのに、やたら苦しい、気持ち悪いとなった。。。
2、3人がかりで肩のあたりを押さえられたような記憶もあり、
もしかしたら相当反射が出たのかもしれません。
カメラが完全に中に入ったら落ち着いたようで
不快感はあるけどオエッとはならなかった。
そしていつの間にか終わり、先生に「問題ないですよ、手術受けらますよ」
というようなことを言われたような気がします。
立ち上がって、まだ朦朧としているので車椅子で隣室の休憩室に移動。
(実は人生初めての車椅子)
そこで20分程横になったらだんだん意識がハッキリしてきて
様子を見にきた看護師さんが確認して解放されました。

もう胃カメラは受けたくない。。。
もしやるとしたらもっと強い鎮痛剤で寝た状態がいいです

-----

この日の検査はこれで終了。
トータルで4時間程かかりました。

検査費:10420円
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。