スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胆石・胆嚢摘出手術 その12 〔入院日・手術前日〕

さて、いよいよ入院日です。

10時頃入院受付に来るように言われていたので
母と少し前に到着しました。
必要書類の提出、使用していた薬の提出などを行い、
担当の事務の人と一緒に入院病棟へ移動しました。

エレベーターを降りると真ん前にラウンジ。
左右に病棟があり、私は片方の消化器内科&外科の病棟に入院です。
自動ドアを入ると、個室、ナースセンター、大部屋、トイレ、シャワー室等があり
第一印象は「広くて明るくて綺麗」。
大部屋に案内され簡単に使い方などを教えてもらい、
着てきた服のまま身長・体重測定。
(書類に記載していたので一応聞いておきました


【大部屋】
この病院の大部屋は全て4人部屋のようです。
部屋の入り口にそれぞれの棚と共有の洗面台があります。
それぞれカーテンで仕切られ、私は窓際のベッドを使用。
一人のスペースがけっこう広くて驚きました。
以前、他の病院に知人をお見舞いに行ったときはもっと狭かった記憶。
ベッドの横に棚があり、上に可動式のテレビがついています。
棚の下が冷蔵庫、上が引出し(ミニ金庫付)、間に引き出せるテーブル。
ベッドサイドに椅子が一脚。
ヘッドボードの上にズラッとコンセントみたいのが並んでいていました。
2つのコンセントは自由に使えるので(他は医療用)
スマホの充電も堂々と?行いました。
ヘッドボードの上に蛍光灯は通常の灯り、常夜灯、読書灯など3種類。
冷蔵庫とテレビはテレビカードを買って使用します。(払い戻しあり)
水しか常備しなかったので冷蔵庫は未使用、
テレビは4泊5日で2時間くらいしか見なかった

私の他は2名入院していました。
同室になった場合は挨拶するものかと思っていたけど、
案内されたときはお見舞いの人がいたり寝ていたようなので
挨拶したり会話を交わすことはありませんでした
(結局私はその後その病室に戻らなかったので1晩だけの滞在)
一人は大腸の内視鏡でポリープ切除で同じ日に入院し翌日退院。
もう一人は内科系かな?会話からなんとなく・・・


【各種説明】
身長・体重測定が終わり部屋に戻り、パジャマに着替えました。
その後、夕方までいろんな説明が目白押しw

 ・看護師:病室の使い方、体調確認。手術に必要な物の説明等。
 ・麻酔科医:翌日の手術の流れを絵、写真、文章での説明。同意書。
 ・薬剤師:手術後に飲むことになる薬の説明。学生も同席(説明は学生から)。
 ・担当医:主治医ではない若い医師2名。1名はたぶんインターン。
       お腹を見せて、ここをこうして云々と、手術の方法を私なのかインターンになのか
       説明する先輩(たぶん)医師。

-----

母はお昼過ぎに帰宅。
その日は売店に必要な物を買いに行ったり、
↑のように何度も説明があったり、看護師の検温・血圧測定も何度もあり。
それ以外は途中ウトウトしながらずーっと本を読んで過ごしていました。
夕方にシャワーを浴びました。
朝浴びてきたけど手術後いつ入浴できるかわからないのでね。

食事は昼食と夕食。
どうやら通常食ではなく療養食?のようでした。
最初に看護師さんに最近の食事の様子を聞かれ、
発作が起きるので野菜中心で肉類はほとんど食べてないと
言っていたのでそうなったみたい。
お隣がハンバーグを食べているときに(そう聞こえた)
私はのおかずはお豆腐と白菜と卵の白身のあんかけ、と超淡泊。
しかし、病院食って味薄いなぁ~(体には良いのでしょうが)
いずれにせよ、食欲がないので半分しか食べれなかったけど。


【下剤】
明日の手術のために下剤をかけます。
19:30~21:00にかけてペットボトル入りの下剤マグコロールを飲む。
これは以前大腸内視鏡検査のときにも飲んだけど量はそれより少なめ。
しょっぱい炭酸水って感じです。
寝る前に下剤のプルゼニド錠を2錠飲む。

下剤の効果がなかなかあらわれず、夜中の3時頃に一度トイレに行き、
あとはお腹がゴロゴロするので眠れず、朝方1時間程寝ただけ。
眠れないってキツイですね。スマホいじったりしていました。
そうこうしているうちに朝を迎えてしまい。。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。